採用ホームページ制作

中小企業の“採用ホームページ”は
Web制作&採用のプロフェッショナルにお任せ下さい

採用ホームページが必要なワケ

他社差別化のため

求人方法には、「ハローワーク」「学校の就職課」「紙媒体」「Web媒体」など様々有りますが、インターネットがいつでも何処でも使えるこの時代、「Web媒体を活用しない」といった就職希望者は、ほとんど居ないと言えるでしょう。

「Web媒体」にもマイナビ、リクナビ、indeedなど様々な、求人検索サイトが有ります。就職希望者は、何社も比較できるため大変便利なツールになりますが、他社と情報が横並びになるためどうしても、賃金や就業時間、立地など以外の差別化が難しくなってしまいます。

モチベーションの高い人材の確保のため

向上心の高い就職希望者であれば、関心のある企業のホームページは必ず見に来るでしょう。そこで詳細な採用情報があれば、熟読するはずです。

少なくとも、その程度のことは、一緒に働く人材には関心を持ってほしいものです。

そして、求人検索サイトから離れ、自社採用サイトに訪問された、その時点で他社の情報を一旦排除できていますので、エントリーもしやすい状況が確保されます。

制作した採用ホームページの成果を見る

就職希望者の動きを分析する

採用ホームページの成果

自社ホームページと同じように、アクセス解析は必須です。

  • 求人がどの地区からアクセスしているのか。
  • どのページ・どの部分に関心を示しているのか(逆に見ていないのか)。
  • どういった経由(媒体)から訪問に至ったのか。
  • どの程度の時間閲覧していたのか。

など、単にアクセス数をカウントするだけでなく、求人サイトを最適化(改善)するため、どういった求人媒体に注力すべきかの見極めに必ず必要です。

求人ホームページ制作の重要ポイント

良く見せようとしすぎない

会社の理想であったり、将来性などの情報を提供するのはもちろん必要ですが、ウィークポイントなどの本来の姿も見せることにより、就職希望者はかえって安心します。

さらには、応募時と入社時とのGAPが大きいと、せっかく入社に至った人材でもすぐに退職となり求人側、就職希望者の双方にとって何もメリットが無い状況になります。(例:夏場の工場はエアコンが効いていますが、汗ばむ程度の暑さはあります。)

名称(職種・役職名)に注意する

エグゼクティブマネージャー、グループリーダーなど横文字が多かったり、自社独自の役職名・部署名で求人要項に記述することは避けます。

就職希望者の誰もがわかりやすい、営業、SEと言った職種、課長、主任といった役職名を使う必要があります。(検索する際にヒットしやすくするためという理由も有ります。)

写真の選定

会社の雰囲気を、しっかり伝えるためには、写真は重要度が非常に高いです。

就職は、就職希望者が将来を決める、重要な進路です。そのイメージをビジュアルでしっかりと、好印象で伝え良い人材を確保する必要があります。そのため、写真撮影はプロに依頼してください。(出張費込で2~3万円程度で依頼可能です。)

会社概要(会社案内)

会社ホームページと、採用ホームページと「会社概要」を共用しているホームページを見かけますが、就職希望者は、会社概要を見に来る目的が、お取引先とは異なりますので注意が必要です。

例えば、採用ホームページの場合「社員の平均年齢」「男女比率」なども就職希望者にとっては、知りたい情報に入ってきます。就職希望者に安心材料を提供することが重要です。

必要なコンテンツ

募集要項や会社概要は当然ですが、よく使うコンテンツとして「1日の仕事内容」「先輩の声」などがあります。これは、就職希望者に自分の働く環境や仕事をしている姿を想像しやすくする狙いがあります。

事例)1日の仕事内容

1日の仕事

上記例のサイトは、株式会社大中環境様 求人ホームページ

事例)先輩の声

先輩の声

上記例のサイトは、株式会社フィット様 求人ホームページ

ブログ/SNS連携

会社行事や、歓迎会。ある社員の紹介など。社員が書くブログやSNSは、形式的に書かれたホームページの内容以上に、社内の環境や雰囲気が伝わりますので効果が高いです。

  • フザケすぎない、硬すぎない。
  • 社員に任せる。(上司や社長が内容のチェックをしない)

求人媒体の選択

求人媒体のご相談

採用ホームページの成果

求人検索サイトは、「リクナビ」「マイナビ」を始め非常に多く存在し、それぞれ特徴も有りますし、また予算によってどの求人媒体自体の選択も変わってきます。

弊社では、求人ホームページの制作だけでなく、求人媒体選択のご相談も承っております。
また、弊社では求人検索サイト「indeed」の運用も承っております。

indeed取扱いの理由

  • 情報量が多い。
  • 各求人検索サイトもindeedでも掲載できるようになっているため、就職希望者が、何種類も求人検索サイトを利用する必要がない。
  • SEOに強い(yahoo、googleの検索にも上位表示されやすい)
    有料・無料掲載それぞれ特徴や制限事項もあるため、会社の予算や実態に合わせて最適な運用をご提案させていただきます。

お気軽にお問い合わせください

電話お問い合わせフォーム
Pgaetop